Sivas料理:Sivas料理からの17の地元料理

紀元前8000年にまでさかのぼる歴史を持つシヴァスは、歴史のさまざまな時点で重要な一歩を踏み出し、アシュクヴェイセルの故郷であり、独自の美しい混沌を持っています。食事はこの混乱の一部を占めており、食欲をそそるおいしい食べ物に変わっています。

あなたがおそらく知っているように、あなたがシヴァスの人を知っているなら、あなたのために料理をするように彼に頼んでください。シヴァス料理を味わわない人は知らないからです。聞いて調べてみると、シヴァスの人々の心をリフレッシュし、他の国に住む人々の食欲を刺激する料理を見つけました。

親愛な Food.com 読者、ブルガリア移民、アルバニア移民、私たちはアンカラ料理と言いました、そしてそれはシヴァスの時間でした。伝説のシヴァス料理をご紹介します。

Sivasの最も特別なフレーバーを思い出して思い出すので、もう少し懐かしさを感じて、記事を読みながらその有名な曲を聴いてみましょう。

ワクチンを切る

自家製のおいしい生地を麺に切ることで主原料が作られます。次に、カットした生地を調理したレンズ豆に入れます。一方、「gılik」、ミント、チリペッパーは油で揚げられ、食品の上に注がれます。家は味のにおいがします。

バビコ

ゲストをホストしている場合は、最初にバビコの準備を開始します。生地をあらかじめ用意して1時間置いてから、にんにくバターミルクを注ぎます。習得するのは大変ですが、一度マスターに食べたら、二度と忘れることはできません。

ヘッドデザート

なぜデザートが頭と呼ばれるのか考えたら、すぐに言いましょう。このデザートは全体としてテーブルに運ばれ、その色はザクロのようです。一見バクラヴァのように見えますが、カターイフのように見えます。私たちが学んだように、古代にはこのデザートは特別なゲストのために作られたか、パーティーで準備されました。ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ブドウ、シナモンに必要なものがすべて含まれています。それがどれほど特別であるか、それは資料からのみ理解することができます。

シロック、埋葬

埋葬としても知られているシロックは、生地の食べ物です。準備した生地をオーブンで上がカリカリになるまで焼き、固い上を切り落とします。生地の内側が崩れ、上部が四角にカットされています。側面にバターを、端にバターミルクをかけて味わいを盛り上げます。

サラダの乾燥

シヴァスならではのキュウリの詰め物を作るには、ドライサラダとも呼ばれるドライサラダが必要です。なすのように作ったきゅうりを作るには、きゅうりを真ん中で切り、中を切り、ひもでつなぎ、日当たりの良い場所に置いて乾かす必要があります。

レンズ豆

シヴァスワッドとしても知られるレンズ豆ワッドは、トカットワッドと混同されることがよくあります。ただし、両者には大きな違いがあります。シヴァスバッドにはレンズ豆、ブルガー、トマトがありますが、トカットバッドにはクルミが追加されています。この料理は日帰り旅行のお気に入りです。

ペジク、漬物の枝

ビートの枝を使って毎食現れるペジク漬けは、毎年大きな箱に入れて作られていますが、毎食食べたくなるほど美味しくて2〜3ヶ月で完成します。

ペスクタンスープ

まず、ペスクタンの意味を、言い換えれば学ぶ必要があります。ペスクタンは、ヨーグルトとひびの入った小麦を調理し、水を抽出して調理した冬の食べ物です。だからペスクタンスープを作るにはペスクタンが必要です。それからあなたはあなたのスープを準備し、あなたの脂肪を燃やし、あなたのパンを準備しそして飲み始めます。

シヴァス層

どこでも有名だと言えますが、シヴァスのカッタマは全然違います。たっぷりの油で調理されたカッタマはやわらかいです。切ると出てくる温かい湯気が思い出に。お茶を飲んでも楽しむ理由はありません。

ヒンゲル

チェルケスのヒンゲルに似ていますが、シヴァスではヒンゲルとして知られているマンティは、シヴァスシヴァスを作る料理の1つです。じゃがいもやチーズで作られ、ヨーグルトが添えられています。柔らかい蝶番はあなたの口の中にカーニバルを作ります。

バス

正方形または丸い生地はヨーグルトでスープになります。その中の生地の名前はビーズのラビオリで、ヨーグルトで作るとミルクになります。冷やしてお召し上がりいただけますので、夏の日にはさっぱりとお召し上がりいただけます。

シバスケッチ

酵母で作られた、カッタマの別のバージョンと呼ぶことができるシバスケトルは、食事でパンを好まない人にとって最もおいしい代替品です。朝食やお茶5杯にも欠かせません。私たちはあなたが食べることを楽しんでいると言う必要はないと思います。

ミートボールの詰め物

İçliKöfteの出発点がSivasであるとは言えないかもしれませんが、Sivasには友人と敵にレッスンを提供するİçliköfteがあります。一部の地域では、ヨーグルトとバターが、楕円形ではなく円形に準備されたミートボールの詰め物に注がれています。

ディブリジライス

シヴァス地方のディブリギから出てきたディブリギ米は、トルコ全土に食べ物を与えない理由がなく、普通の米とは違う味わいで心を奪われており、二度と離れることはできません。子羊、ひよこ豆、スグリの味に風味を加えます。

シヴァスケバブ

野菜ベースのケバブですが、とても美しく、長時間調理されるので、肉と野菜の味がひとつになります。そうすると、十分に食べることができなくなります。茄子は、新鮮なときに作ると全く違う味がします。 Tokat kebabに例えられますが、Sivaskebabにはジャガイモは含まれていません。

Sivasミートボール

通常のミートボールよりも幅広に作られたミートボールのひとつで、スパイスが足りないので味わうことができます。その主な特徴は、シヴァスで飼育された動物から得られた肉の使用です。新鮮なハーブやハーブを使った動物の肉の味は言うまでもありません。ミス。

マディマック

ほうれん草に似た構造ですが、ほうれん草とは味がかなり違います。ヨーグルトと一緒に食べるマディマックミールのいいところは、このハーブが栽培されておらず、集められていることです。つまり、特別なエリアがないので、手で集めることで食べ物に愛情を加えることができます。

最近の投稿