ミルクを消化できないことの7つの重要な兆候

それは私たち全員にとって最初の食べ物です。私たちは、骨を強化し、成長を加速し、エネルギーを与え、筋肉を強化し、カルシウムが含まれているために心臓病から保護するミルクについて話しています。そして、それは何十もの健康上の利点があります。

しかし、残念ながら、誰もが人間の健康にとって非常に価値のあるミルクを消化できるわけではありません。同じ割合で、一部の体はそれに対して不寛容を示す可能性があります。

この理由は、実際にはミルクに含まれる天然の糖であるラクトースであり、これはミルクに含まれています。さらに説明すると、小腸粘膜のラクターゼがゆっくりと機能を失うと、ラクトースを分解できなくなります。乳糖は分解されないため、体内に蓄積し始め、これらの症状が現れます。これはほとんどの人が苦しんでいます。

つまり、ミルクを飲んでから30分から2時間以内にこれらの問題が発生した場合、ミルクを完全に消化できないことを意味します。これらの症状が1つ以上ある場合は、医師に相談することをお勧めします。

膨満感があります

ミルクを飲んでから数分以内に胃が無意味に腫れ始め、胃に大きな不快感を感じ始めた場合、それはミルクを消化できないことを意味します。これは、小腸で分解できない乳糖が大腸に入ると、そこでバクテリアによって分解されて膨満感を引き起こすためです。

ガスの痛みで呼吸ができない場合

ミルクを飲んだ後に胃が腫れ、腸にこわばり、痛み、ガスの痛みを感じる場合、これはミルクが完全に消化されていないことを示しています。

下痢がある場合

このガスの痛みは、やがて軽度から重度の下痢に変わり、トイレから出られない場合は、ミルクに対する体の反応です。下痢だけでなく、ミルクを消化できないことは、一部の体では便秘に変わる可能性があります。要するに、ミルク消費後に腸の異常な動きを見ることは、これの最大の兆候の1つです。

気分が悪くなり始めたら

ミルクを飲んだ後に吐き気を感じると、ほとんどの人はミルクが悪いからだと思います。しかし、ミルクが新鮮なのに胃が吐き気を催す場合、それはあなたの腸が実際にミルクを消化できなかったことを意味します。この吐き気は、上記の症状と相まって、時間の経過とともに多くの不快感を引き起こす可能性があります。

嘔吐しても

時々、これらの吐き気は非常にひどく、嘔吐にさえつながる可能性があります。飲む牛乳の鮮度が確かな場合、賞味期限が過ぎていない場合は、牛乳を消化できなかった結果として表示されることがあります。

お腹が痛い場合

これらすべての症状と一致して、牛乳の消費は腹痛として人に戻る可能性があります。理由もなくお腹が痛くなり、けいれんを起こし始めた場合、飲むミルクはこれと直接的な関係がある可能性があります。

脱水症状などが発生した場合

ミルク摂取後の下痢や嘔吐などの症状は、脱水症、つまり体の脱水症につながる可能性があります。これはあなたを頻繁な喉の渇き、頭痛、倦怠感、そして乾燥肌に変えるかもしれません。

最近の投稿