プロテインダイエットの作り方:3日で3体重を減らす

ほとんどの人は、余分な体重を減らして短時間で体を整えたいと思っていますが、これをしている間は空腹になりたくないです。この時点で、あなたを満腹に保つ食品を含む食事療法が前面に出てきます。それらの1つはタンパク質ダイエットです。

アスリートや早く体重を減らしたい人が一般的に使用するプロテインダイエットは、プロテイン消費に基づくダイエットです。たんぱく質食品は、グリセミック指数が低いために頻繁な空腹感を引き起こさず、満腹に保つことで弱めます。同時に、プロテインダイエットで失った体重は同じ速度で回復しないため、体調を整えたい人に非常に好まれています。

それで、プロテインダイエットとは何か、それを行う方法、もしあれば、一緒に起こりうる害は何かを学びましょう。

プロテインダイエットとは何ですか?

プロテインダイエットは、赤身の肉、鶏肉、魚、牛乳、ヨーグルト、卵など、タンパク質が豊富で脂肪が少ない食品を摂取することに基づいており、炭水化物や砂糖は含まれていません。

プロテインダイエットに含まれる食品は、代謝が迅速に機能するだけでなく、他のショックダイエットのように浮腫を引き起こさないことで脂肪を燃焼させます。したがって、失われた体重は永続的である可能性が高くなります。

筋肉、骨、血液などの組織の成長と継続性を維持する役割を持つタンパク質を消化するとき、炭水化物や脂肪の消化に比べて2倍以上のエネルギーが消費されるため、カロリーを燃焼するのは簡単です。たんぱく質を多く含む食事は筋肉組織も保護し、筋肉量の多い人は体重が減りやすいことが知られています。

ダイエットリストに移る前に、これについて簡単に言及する価値があります。赤身の肉、白身の肉、卵、牛乳、バターミルク、ヨーグルト、マメ科植物はタンパク質食に含まれていないため、短時間ですばやく簡単に減量できます。また、炭水化物、糖分の多い食品、野菜、高糖度の果物は禁止されています。クラス。

では、肉を食べて体重を減らすことができるこの奇跡的な食事をどのように作るのでしょうか?

プロテインダイエットの作り方:3日間で3ポンドを失うプロテインダイエットのリスト

まず第一に、プロテインダイエットを適用する前に医師に相談することを忘れないでください、そして彼があなたの価値観に従って準備するダイエッ​​トリストを使用するように注意してください。

私たちは3日間で2〜3ポンドを失ったと言われています 「エンダーサラチプロテインダイエット」 としても知られているサンプルダイエットリストを共有します。この食事療法では、非常に喉が渇いた食事療法であるため、5時間の食事の間隔に注意し、1日2リットルの水を飲む必要があります。無糖茶、コーヒー、緑茶を食事以外で摂取することもできます。

1日:

目覚めたとき、朝食前: コップ1杯のアルカリ水。

朝: オートミール大さじ3杯と卵白3杯、ピーマン3〜4杯、緑がたっぷり、砂糖を含まないお茶で作ったオートミール。

正午: 4つの赤身のひき肉とたっぷりのグリーンサラダから作ったミートボール。

スナック: 無脂肪ヨーグルトのボウル、10個の生アーモンド。

イブニング: スープのボウル、グリーンサラダ。

2日:

目覚めたとき、朝食前: コップ1杯のアルカリ水。

朝: ゆで卵1個、豆腐チーズ、たくさんの緑茶と緑茶。

スナック: クルミ3個。

正午: 焼き魚1杯(120グラム)、グリーンサラダ。

イブニング: レンズ豆のスープ1杯、グリーンサラダ。

3日:

目覚めたとき、朝食前: コップ1杯のアルカリ水。

朝: 卵3個、カードチーズスプーン1杯、パセリ2束、ピーマン、砂糖なしのお茶で作ったオムレツ。

スナック: バターミルク1杯。

正午: 鶏胸肉のグリル、グリーンサラダ。

イブニング: オートミール5スプーン、キウイ1杯、クルミ1杯、シナモン小さじ1杯、亜麻仁小さじ1杯、小麦胚芽大さじ1杯を無脂肪ヨーグルト1杯に加えて作った脂肪燃焼レシピ。

プロテインダイエットを食べることは有害ですか?

また、低炭水化物・高タンパクの食事が体に悪影響を与える可能性もあります。これらのリスクは次のようにリストできます。

  • 腎臓組織からろ過された過剰なタンパク質は、腎臓障害や腎臓結石の形成を引き起こす可能性があります。慢性腎不全や腎結石のある人は、タンパク質食に従わないでください。
  • たんぱく質を多く含む食事は血中コレステロールを上昇させ、心臓病につながる可能性があります。
  • 消費される食品の繊維含有量が少ないため、便秘が発生する可能性があります。
  • タンパク質の消費量が多すぎると、体内のケトン体の量が増加し、「ケトン体生成」と呼ばれる状態が発生します。これは、人の口や皮膚のにおいを引き起こす可能性があります。
  • ダイエットプログラムでは体に必要な糖分が摂取されないため、人は疲れ、疲れ、ストレスを感じ、集中力に問題が生じる可能性があります。
  • 以前に強調したように、すべての食事療法と同様に、タンパク質食事療法を行う前に医師/栄養士に相談し、必要に応じて彼の承認と指導を受けてこの食事療法を開始する必要があります。あなたの健康ほど価値のあるものはないことを忘れないでください。

    最近の投稿