自宅でのアジサイフラワーケア:繁殖、水やり、剪定

夏のお気に入りの花のひとつであるアジサイは、庭を美しく飾り始めたときに注目に値します。大きさ、形、色が印象的なあじさいの花は、成長しやすいことで常に人気を維持してきました。それらは急速な成長のために屋外の植物として一般的に好まれますが、それらは家庭の鉢で育てることもできます。

あじさいのお手入れ方法は?

  • 半日陰を好むアジサイの植え付け場所に注意を払うことは、アジサイの発達にとって重要です。
  • アジサイの花は、腐植土や水はけのよい土壌で有機物が豊富に含まれていると、よりよく成長します。
  • 豊かで湿った土壌を好み、十分な水を必要とするアジサイの花は、気温に応じて、週に1〜2回水をやる必要があります。
  • 3月、5月、7月に汎用肥料を使用することで、健康的な開花が保証されます。
  • アジサイの花は、屋外の寒さから保護するために、冬の間は覆い隠して過ごす必要があります。
  • アジサイの花は水分がすぐに失われるため、短時間で枯れてしまいます。これを防ぐために、花を室温の水に浸して取り除くと、花瓶の中で長持ちします。
  • アジサイはどのように繁殖しますか?

  • 鉢植えや庭で育てるあじさいの花はとても簡単に再現できます。 4月から8月にかけて、開花していない2〜3枚の葉で枝を切り、発芽させることで繁殖します。
  • 花のない枝から15cmの鋼を切り、工程を開始します。
  • 鋼として切り取られた部分は、2枚の葉が上に残るように葉から取り除かれます。
  • 土は庭の土とパーライトを混ぜ合わせて作られます。
  • 発根には直径15cmの鉢を選ぶことができます。排水口が空いていることを確認した後、溶岩または小石を鍋の底に一列に注ぎます。
  • 鍋は土でいっぱいです。カットして準備した鋼を浸して縫います。
  • 土は軽い圧力で締固められ、少し水をまきます。
  • 直射日光の当たらない場所に根ざしています。
  • 発根アジサイは非常に急速に発達します。その後、あなたが望むならあなたはあなたの庭にそれを植えることができます。
  • 鉢植えでアジサイを育てたい場合は、成長するにつれて大きな鉢に入れ、適切な時期に剪定する必要があります。彼らはバルコニーや直射日光の当たらないコーナーの屋内で幸せになります。
  • アジサイはいつ、どのように剪定されますか?

    剪定はアジサイの花の世話をする上で重要な役割を果たします。開花した茎を剪定するだけで、翌年の花の収穫量が得られません。古い開花枝は、茎の新しく発達した部分まで剪定することができます。剪定は開花期が終わった月に行う必要があります。秋、冬、春の剪定は、新しい開花を防ぎます。

    あじさいの花はいつ咲きますか?

    アジサイは完全な夏の花です。 4月に咲き始めた花は、夏の終わりまで庭を元気づけ続けます。

    あじさいの花の特徴は何ですか?

    アジサイの花はアジア原産の植物種の1つであり、この地域で最大の多様性を示しています。 70種以上が記録されています。アメリカはもう一つの自然の生息地です。茂みの形をしたアジサイは、1〜3メートルの高さに達することができます。広く栽培されている種は冬の間葉を落としますが、すべての季節で緑色のままである種もあります。

    春の初めから咲き始めるあじさいは、秋まで美しい花に驚かされ続けます。ほとんどの種類のアジサイの花は白いですが、花の色はいくつかの種の土壌の酸レベルによって異なります。青、赤、ピンクなど色とりどりに咲きます。酸性度が上がると、土壌中のアルミニウムが青と紫のアジサイの花を咲かせ、ピンクと赤のアジサイの花が低酸性環境で見られます。さらに、ほとんどの種の花の色は土壌の特性に影響されません。切り花としても貴重なアジサイは、生産される花のひとつです。

    あじさいの花の故郷であるアジアの文化では、この植物は別の意味を持っています。あじさいの花は宗教儀式でよく使われますが、ピンクのあじさいの花は愛の象徴です。

    あじさいの種類は何ですか?

    アジサイは70種以上の多様性があります。主なものは次のとおりです。それはBigleaf(大きな葉)、Garden(庭)、Endless Summer(Endless Summer)、French(French)、Common(Common)と呼ばれます。

    最近の投稿