自宅で行うことができる6つの最も効果的な腹筋運動

姿勢に満足できない場合や、お腹の脂肪を減らしたい場合や、体の他の部分と一緒に腹部を強化したい場合は、腹筋の動きの中で好きなことをすることができます。

腹部のさまざまなポイントで作業することにより、筋肉を発達させ、これらの領域に蓄積された脂肪をより短時間で燃焼させることができます。

腹筋はどのように行われますか?

定期的な腹筋の動きで腹筋を強化するのはとても簡単です。この間、あなたが消費する食物が低炭水化物で高タンパク質であることを確実にすることによってあなたはあなたの筋肉の発達に貢献することができます。

腹筋を改善するために、ツールなしで実行できる無数の動きと、トレーニング機器の助けを借りて実行できる腹筋の動きがあります。あなたは定期的な運動であなたの目標を達成することができます。

1.板

腹筋とともに上半身を強化する板の動きは、簡単に思える挑戦的な動きの1つです。板の腕立て伏せの位置を取ります。しかし今回は、手ではなく前腕からサポートを受けてください。あなたの手で拳を作り、あなたの拳は反対を向いています。できるだけ長くこの位置にとどまるようにしてください。

2.レッグレイズ

カーペットやエクササイズマットの上に仰向けになって、腹部の筋肉の下部を激しく動かす動きをします。手で静止している物体をつかみ、同時に両足を合わせて持ち上げ、少しゆっくりと下げます。 3セットと10回の繰り返しで運動を行います。

3.バタ足

下腹部の筋肉を活性化する動きについては、仰向けになり、両手を腰の下、ひじまで置きます。まっすぐな脚を交互に持ち上げたり下げたり、地面を蹴ったり蹴ったりします。 3セットと20回の繰り返しで運動を実行します。

4.腕-高い部分的な腹筋運動

古典的な腹筋の動きに含まれるシャトルの動きに似た腕の高さの部分的な腹筋運動は、より簡単で腰を傷つけない運動です。仰向けになり、90度の角度で足を曲げます。腕を持ち上げて、腕から得た力で地面から少し起き上がってから、もう一度横になります。この動きを適用してみてください。これにより、上腹部の筋肉が3セット15回繰り返されます。

5.登山者

登山者のために腕立て伏せの姿勢を取ります。これにより、上半身と腹筋が機能します。実際に山に登っているように、足を前後に順番に引きます。少しの間運動をして、この時間を定期的に増やしてみてください。

6.スイスボールクランチ

エクササイズで行う動きのために上半身を腰まで上げてボールに横になるか、腹部の筋肉のほとんどを機能させるピラティスボールを使用します。椅子に座っているかのように膝を曲げ、床をしっかりと押します。両手を肩に斜めに置き、横になっているところから起き上がります。シャトルの動きよりも信頼性の高い腹筋の動きの1つであるスイスボールクランチを3セット15回繰り返します。

最近の投稿