家でバラを育てる方法、バラの世話をする方法は? (ステップバイステップ)

香りも見た目もポジティブなエネルギーを放つバラは、家で花を咲かせるのが好きな人に好まれる植物のひとつです。庭、テラス、バルコニーなどの領域を着色するのに役立つバラの新鮮な外観を植え、成長させ、保存するために従うべきいくつかのステップがあります。それらを適用することにより、常に活気を保ち、地域に美的雰囲気を加えるバラを手に入れることができます。

鉢植えでバラの苗木を育てるには?

ローザ属の香りのよい植物ファミリーに属するバラは、正しい方法を適用すれば楽に育てることができます。自宅でバラの苗木を育てるには、土と鉢を置く場所を選ぶ必要があります。温暖な気候と粘土質の土壌を愛するバラは、基本的にさまざまな温度やさまざまな土壌タイプでの栽培に適しています。

自宅でバラを育てるのに必要な材料:

  • 鉢、土、水、根おおいは家でバラを育てるのに十分です。
  • 植木鉢を使うことが重要です。古いスタイルの大きなポットポットは、夏と冬にバラの苗木の根と土壌の両方をしっかりと保護します。
  • 土壌選択のポイントは腐植土です。
  • 自宅でバラを育てるにはどうすればいいですか?

  • ポットポットの表面を特別な混合腐植土で覆います。バラの苗の根元が地下に落ち、転倒することなく直立するための基準として取ることができます。
  • バラの枝を剪定し、葉と花を取り除きます。
  • 鍋の土を湿らせるために噴霧器で控えめに水をまきます。水が多すぎないように注意してください。
  • 枝の種穴を開けます。次に、苗木を1つずつポットに入れ、下部が土壌によく浸透するようにします。
  • より実用的な方法をお探しの方のために、ジャガイモでバラを育てる方法を詳しく説明したこのコンテンツへようこそ。

    いつバラを植えますか?

    バラを植えるのに理想的な間隔は、気象条件に応じて3月から4月の間です。ただし、1日数時間太陽が強くなく、天候が暑くも寒くも強くない場合は、鉢にバラを植えることができます。

    バラの種を植える方法は?

    バラの種を受け取った後、2〜3日間水に浸して保湿し、大量の水で洗い、殻を取り除きます。種を瓶に入れ、3〜5度に保ち、パーライトします。次に、新聞に種を捨てます。不健康なものを分離し、発芽したものを選び、緩く風通しの良い土壌表面の下に置きます。

    バラの苗を植える方法は?

    バラの苗を枝から切り離し、斜面で地面に来る部分を切り取り、緩い土壌に置きます。苗の根元は乾燥するのではなく、湿っている必要があることに注意してください。このため、新鮮なバラの苗を使用するように注意してください。

    バラはいつ、どのように剪定されますか?

    剪定は植え付け時期によって異なります。まず、植える前に根の剪定を行います。苗が成長するにつれて、現れる非生産的な枝を定期的に追跡して剪定する必要があります。これらに加えて、一般的に冬季の前に剪定が必要です。

    バラのお手入れ方法は?

  • 既製の土の代わりに、腐植土と赤い土を混ぜて、良いバラの土を手に入れましょう。
  • 自然の土壌混合物は、非常に暑くて寒い天候で根を保護します。
  • ただし、夏季は、土壌の最上層をマルチで覆い、熱くならないようにする必要があります。
  • バラを育てるときは、特別な剪定ばさみで下から芽を切り、過度に厚い部分を切る必要があります。
  • 12〜22度の温度に保ち、茎と棘に水をまき、湿った状態を保ちます。
  • 最近の投稿