ホームマテリアルを使用した歯のホワイトニング方法

歯や口腔の健康にどれだけ注意を払っても、時間の経過とともに歯が白くなり、黄色くなり、汚れてしまうことがわかります。

私たちは常に歯のホワイトニングのために歯科医の道を守ることができるとは限りません。では、この状況で何をすべきでしょうか?

解決策は、実際にはあなたが最もよく使う家の一部にあります。あなたの台所で。

キッチンで素材を使うことで、自然に、そしてとても簡単に歯を白くすることができ、自信を持って笑顔でみんなを嫉妬させることができます。

重要な注意点: 以下に記述した方法の1つのみを選択し、それらすべてを同時に適用しないでください。また、歯や口腔の健康に問題がある場合は、まず歯科医に相談することをお勧めします。

粉ミルク:週に1〜2回

コーヒーに入れた粉乳にも歯を白くする性質があると言ったらどうでしょうか?あなたがしなければならないのは、歯磨き粉を塗った後にあなたの歯ブラシに粉乳を注ぎ、週に一度か二度このようにあなたの歯を磨くことです。

重曹とレモンジュース:週に1回

歯ブラシに重曹を少し入れたら、レモン汁を数滴垂らして歯を磨きます。ただし、この方法を週に1回以上適用しないように注意することは有用です。

重曹とレモンジュース:週に1〜2回

小さじ1杯の重曹と小さじ1杯の絞りたてのレモンジュースを混ぜて、歯を磨きます。この方法で注意する必要がある点は、2分以上混合物を歯に適用しないことです。

海塩とレモンジュース:週に1〜2回

小さじ半分の海塩と絞りたてのレモンジュースをボウルの歯磨き粉と混ぜます。混合物をあなたの歯に適用し、それを1分間置いてから、口を完全にすすいでください。

レモンジュースと水:週に1回

レモンジュースと飲料水を等量混合し、週に一度この混合物で口をすすぐ。

アップルサイダービネガーと水:毎日

小さじ半分のリンゴ酢をコップ1杯の水で希釈します。歯を磨く前に、毎朝この溶液で口をきれいにしてください。

いちご:月に一度

熟したイチゴをスプーンでつぶします。この「ペースト」で数分間歯を磨くと、黄色い染みが消えているのがわかります。ただし、この方法をあまり頻繁に適用しないことは有益です。長期的には歯を損傷するリスクがあります。

塩、重曹、レモンジュース:2ヶ月ごと

大さじ1杯の歯磨き粉、1つまみの塩、重曹、4〜5滴のレモンジュースをボウルに入れて混ぜ、この混合物で5分間歯を磨きます。 1回のパスの後でも、すぐに変更に気付くでしょう。

ソース:brightside.me

最近の投稿