妊娠中の断食は可能ですか、妊娠中の断食は有害ですか?

ラマダンの月の到来とともに、ほとんどすべての人が断食について質問をします。歯磨きが断食を無効にするのか、嘔吐が断食を無効にするのかなどの一般的な質問とは別に、私たちの健康に直接関係する糖尿病患者が断食できるかどうかについて疑問に思うことがたくさんあります。

それらの中の一つ 妊娠中の断食。将来の母親が興味を持っていること「妊娠中に断食は行われますか?「質問への答えは、実際には、断食した場合に自分自身または子供に害を及ぼすかどうかに関係しています。

それでは、以下で疑問に思っている人を取り上げましょう。 妊娠中の断食はどうですか、妊娠中の断食ですか?

注意: しかし、すぐに警告しましょう。あなた自身の健康と赤ちゃんの健康の両方のために、ラマダンの前に断食できるかどうか、そしてスフールとイフタールの間に何を食べるべきかを医師に相談することは役に立ちます。

妊娠中の断食:妊娠中の断食ですか?

superhealthykids

専門家は、ラマダン中の妊婦の断食に関する研究では、断食は一般的に母親と赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼさず、断食している妊婦の断食によって生まれた赤ちゃんの体重に差はないと述べています。ただし、この状況は、母親の妊娠過程や赤ちゃんの健康状態によって異なる場合があります。

妊娠中の女性は、特にラマダンの空腹と喉の渇きが長く、天候が暖かい夏の間は、より注意する必要があります。過度の水分喪失と長期間の断食が新しい母親の健康に影響を与える場合は、断食しない方がよい場合があります。同様に、母乳育児をしている女性は、母乳が離乳したときに断食できず、子供に危害を加える可能性があります。

吐き気、嘔吐、食欲不振は妊娠の最初の3か月に住む女性によく見られ、この期間中に赤ちゃんの臓器が発達するため、断食しない方がよいでしょう。流産のリスクがある妊娠についても同じことが言えます。

また、妊娠による糖尿病不耐症、糖尿病、高血圧などがある場合は、食事を変えないようにする必要があります。そうしないと、母親と赤ちゃんの健康に悪影響を与える可能性があります。

断食している妊婦は何に注意を払うべきですか?

妊娠中の

妊娠中の母親が妊娠中に十分な水分を飲むことは非常に重要です。このため、空腹時の妊婦はスフール中に水分をたくさん摂取する必要があります。特に夏と重なるラマダンの月は、これが注目すべき点であることを忘れてはなりません。

さらに、空腹時の妊婦はイフタールまで熱を帯びてはならず、日中は十分に休息する必要があります。妊娠中の女性は他の人よりも血圧が下がりやすいので、スフールでの砂糖の必要量を満たしていることに注意することも重要です。

危険な妊娠(糖尿病、早産、出血、多胎妊娠、発育遅延)を経験した妊婦にとっては、断食しない方がはるかに正しいことを付け加えておきましょう。

もう一度繰り返しましょう。あなた自身の健康とあなたの赤ちゃんの健康の両方のために、あなたはあなたが断食することができるかどうかを学びそしてそれに応じて行動するためにあなたの医者に相談するべきです。

最近の投稿