熱射病には何が良いですか、それはどのように通過しますか?

日射病は、太陽の下で長期間保護されていないことと、体温の異常な上昇が原因で発生する夏季特有の健康問題です。

私たちが夏の最も暑い日を過ごしている間、私たちの多くは休暇で暑いリゾートに行くので、この危険は私たち全員にとって常に有効です。特に太陽光線が急な時間帯は、保護せずに長時間太陽の下に留まり、体温に戻るのに十分な水分を失わないため、日射病を引き起こす可能性があります。

それでは、特に子供や高齢者によく見られる日射病の症状と、日射病に何が良いのかを学びましょう。

熱射病の症状

熱射病は、重症の場合、非常に危険な健康問題であり、死に至ることさえあります。したがって、以下の症状が出た場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

  • 40度以上の体温
  • めまい
  • 吐き気と嘔吐
  • 乾燥して痛みを伴う肌
  • 筋肉のけいれん
  • 頻脈、動悸
  • 激しい頭痛、脱力感、失神
  • やむを得ない眠りへの欲求
  • 日射病には何が良いですか?

    まず第一に、日射病は医師の管理を必要とする深刻な問題であることを覚えておく必要があり、早期介入が命を救うことができることを知る必要があります。

    冷たい水でシャワーを浴び、体温を下げ、医者に行くまで水分をたくさん飲むと、人をリラックスさせることができます。さらに、以下の食品は日射病の影響を軽減します。しかし、私たちが言ったように、これらは一時的な救済を提供します。熱射病の場合は、医師の診察を受ける必要があります。

    オニオンジュース

    タマネギジュースを使って体温を下げることができます。タマネギをつぶしてジュースを抽出し、この水を使って額、首の後ろ、関節、耳の後ろを拭きます。

    リンゴ酢

    アップルサイダービネガーは、太陽によって皮膚で失われた電解質を補充するため、日射病の影響を軽減するために使用できます。小さじ1杯のリンゴ酢をコップ1杯の水に加えて、この混合物を消費してみてください。

    ヨーグルト

    バターミルクを飲むと、めまいなどの日射病の症状が緩和され、同時にヨーグルトを体に塗ると体温が下がります。次の混合物を消費することもできます:大さじ2杯のヨーグルトをコップ1杯の水に加え、塩とクミンを加えて混ぜます。

    コリアンダー

    コリアンダーは、体をリラックスさせ、吐き気や嘔吐を止めるもう1つの鎮静剤です。このためには、コリアンダーを粉砕してジュースを抽出し、それに砂糖を少し加えて、混合した後にそれを消費するだけで十分です。

    植物油

    植物油を使用して、体内の過剰な熱を和らげることもできます。数滴のペパーミントオイル、数滴のラベンダーオイル、大さじ2杯のオリーブオイルを混ぜます。次に、この混合物を首、手、足首の後ろでこすります。

    最近の投稿