ステップバイステップの自家製日焼け止めレシピ:4つの成分で十分

ご存知のように、今が日焼け止めが最も効果的な時期です。夏が長く、太陽が灼熱しているので、この事業に一歩踏み出す時が来ました。

市場には数十、おそらく数百の異なる日焼け止めがありますが、もっと自然なクリームを作り、その中に何が入っているかを知って、リラックスしてポケットからたくさんのお金を出さないほうがいいのではないでしょうか?

たった4つの成分で太陽から肌を守ることができると言っていますが、しかもこれを非常に実用的な方法で提供することができます。この自家製の日焼け止めレシピに注意せずにはいられません。

一度やればとても気に入っていただけると思いますので、完成次第新しいものを作りたいと思います。

この日焼け止めのレシピは、毎年夏に最初に思い浮かぶものです。私たちは断定的で、自宅で日焼け止めを作る方法を段階的に説明します。

それは少し買い物から始める必要があります:自家製の日焼け止めの材料

  • 1/4カップの蜜蝋
  • 1/4カップのシアバター(シアバターまたはシアバターとして市場で見つけることができます)
  • 有機ココナッツオイル1/4カップ
  • ラズベリーオイル大さじ2
  • 酸化亜鉛大さじ2〜3 *
  • ※酸化亜鉛はこれからどこから来たのかと言う方もいらっしゃると思いますが、すぐに説明しましょう。酸化亜鉛物質の名前は同情的ではありませんが、実は自然界に存在する物質です。したがって、自宅で作る日焼け止めに入れても問題ありません。ただし、皮膚に無害な本物の酸化亜鉛を確実に入手するには、スキンケア製品を販売する信頼できるWebサイトなど、信頼できる場所から入手することが重要です。

    酸化亜鉛は、この日焼け止めがいくつの要素になるかを決定する材料であり、このレシピを適用することにより、25〜30の要素を持つ日焼け止めを得ることができます。同様に、クリームの一貫性と色を大幅に与え、皮膚に層を形成し、日光の有害な影響から皮膚を保護するのは酸化亜鉛です。

    これらの材料がどこにあるかを言う人のために簡単に説明しましょう:信頼できる薬草師から日焼け止めを作るために使用するこれらの材料を購入するか、オンラインスキンケア製品販売ウェブサイトから入手できます。

    頭に浮かぶかもしれない材料と詳細を学んだので、自家製の日焼け止めの準備に移りましょう...

    蜜蝋をきれいなガラスのボウルに移します

    ダブルボイラーで蜜蝋を溶かします(必要に応じて、電子レンジを使用して蜜蝋を溶かすこともできます)

    湯煎の方法がわからない人のために簡単に説明しましょう。鍋で水を沸騰させ、沸騰したお湯に触れないようにガラスのボウルを鍋に置きます。ガラスのボウルに入れたワックスは、水の熱と蒸気のおかげで簡単に溶けることがわかります。

    溶ける蜜蝋にココナッツオイル..。

    シアバターとして知られるシアバターと...

    ラズベリーオイルを追加します

    次に、色と一貫性が変わるまで、ハンドミキサーで混合物を混合します。

    混合物全体が均一になったら、酸化亜鉛を加えます。

    そして、白っぽい色と暗い一貫性が得られるまで、再びハンドミキサーでブレンドします

    準備した混合物を蓋付きの滅菌ガラス瓶に移します。

    それでおしまい!涼しい場所に保管して6ヶ月間安全に使用できる日焼け止めはすでに準備ができています。

    ソース:スクイーズモンスター

    最近の投稿