食べ物の痛みを和らげる方法:食べ物の痛みを軽減する7つの方法

食べ物に加える唐辛子が熱いことにすぐに気付くかもしれません。あるいは、加える唐辛子が多すぎて、注意して作る食事が熱すぎて食べられないかもしれません。

この状況であなたは何をしますか?あなたは食べ物を無駄にし、あなたのすべての労働が無駄になるのを見ますか?

答えはノーです。塩分が多すぎる、または脂肪が多すぎるからです

食べ物を保存する方法があれば、痛みを伴う食べ物を保存する簡単で多様な方法がたくさんあります。

それらはあなたの最悪の日にあなたのためにそこにあるので、これらを書き留めてください。

スープで命を救う:オイル

苦いスープを保存する方法は、油を使用することです。グラスの半分に油を入れ、スープに加えます。油がスープの表面に浮かび上がるのを待ちます。油が浮き上がったらスプーンで取ります。油で苦味がなくなります。

味のバランス:レモンジュース

レモンを使用すると、上塗り食品の味のバランスを取り、苦味を減らすことができます。この時点では、お茶のグラスの4分の1に相当するレモンジュースで十分です。調理済み食品にレモンジュースを加えたら、リラックスできます。

彼に苦痛を与えさせてください:ジャガイモ

塩辛くて脂っこい食事を救う仕事をするジャガイモも、苦い料理に関しては働いています。鍋の大きさに応じて、ジャガイモまたはいくつかのジャガイモをいくつかの断片に切り、それらを皿に入れます。じゃがいもは苦味を閉じ込めます。調理後は、お好みでじゃがいもをお召し上がりいただけます。

湿っていることが重要です:真ちゅう

もう一つの救世主は米です。お湯に10分間浸したご飯を食事やスープに加えて苦くすることができます。

味付けされた食事の場合:クリーム

味付けソースを使った食事の場合は、生クリームやホイップクリームを加えることができます。この量が食品の味を損なわない一貫性にあることを確認してください。

私たちの甘い野菜は当番です:ニンジン

食事の適性に応じて、にんじんを使って苦味を減らすこともできます。甘い野菜であるにんじんを立方体に切って皿に入れると、苦味のバランスがとれます。

甘みから苦味:はちみつ

前回、最も異なる方法を保存しました。蜂蜜はすべての食事に適しているわけではありませんが、より酸っぱい料理やほろ苦い料理の救世主になる可能性があります。調理した皿に蜂蜜を少し加えて混ぜます。ただし、ここでは小さじ1杯で蜂蜜を慎重に入れるように注意する必要があります。そうでなければ、あなたは痛みを避けながらとても甘い食事をするかもしれません。

教えて!

最近の投稿