14ヶ月齢の赤ちゃんの発達:睡眠、栄養、予防接種スケジュール

赤ちゃんが生後14か月になると、体重が急激に増加し、身長が伸び続けます。赤ちゃんの健康な発育には、7.5 kg以上、身長71cm以上であることが重要です。

赤ちゃんの身体の発達だけでなく、睡眠と食事にも注意を払うことで、14か月の赤ちゃんの発達についてより良いアイデアが得られます。

睡眠

生後14か月の乳児の睡眠パターンは、日中の身体活動の強度と食事によって異なります。この期間中、赤ちゃんは平均13〜14時間眠り続ける必要があります。質の高い睡眠は、赤ちゃんの精神発達に不可欠です。

正午に数時間眠ると、赤ちゃんはその日の残りの時間に必要なエネルギーを集めることができます。 14か月の赤ちゃんの発育プロセスをサポートするには、6〜7時間起きた後、赤ちゃんが再び眠ることを確認する必要があります。

栄養

栄養パターンと頻度は12月から変化し始めるかもしれません。赤ちゃんはまた、14ヶ月目までに食べることを拒否するかもしれません。食べる量が少なすぎる、または特定の食品のみを受け入れるなどの摂食行動は、通常、短命です。ただし、赤ちゃんの食べたいという欲求や食事の量が減ると、体重が減ったり、体重が減ったりすることがあります。このような場合、赤ちゃんの一般的な健康状態を確認し、医師の推奨に従って食欲をそそる薬を使用するために医師に相談する必要があるかもしれません。

14か月の赤ちゃんの発育をサポートするには、葉酸、タンパク質、オメガ3脂肪、ビタミン、ミネラルが豊富な赤ちゃんの食事に注意を払う必要があります。

身体の発達

赤ちゃんが生後14か月になると、体重が急激に増加し、身長が伸び続けます。赤ちゃんの健康な発育には、7.5 kg以上、身長71cm以上であることが重要です。赤ちゃんの身体の発達だけでなく、睡眠と食事にも注意を払うことで、14か月の赤ちゃんの発達についてより良いアイデアが得られます。

赤ちゃんの総運動能力と細かい運動能力がまだ十分に発達していない場合は、医師の管理下に置くことをお勧めします。一部の乳児では運動技能が発達し始めますが、生後14か月の乳児は、這う、バランスを保つ、歩き始めるなどの技能を身に付けているはずです。

社会開発

赤ちゃんは生後14か月なので、自分の環境とのコミュニケーションを深め始めます。彼の語彙が発達しているので、彼は理解できる方法で簡単な文章を構成することができます。また、口頭で簡単に願い事を表現できます。話すことは赤ちゃんの社会的発達にとって重要です。この期間中、赤ちゃんがより多くの単語を学ぶために、本を読んだり、童謡を聞いたりすることができます。

私の赤ちゃんは14か月目に何ができますか?

  • 赤ちゃんは物を動かしておもちゃを箱に入れることができます。
  • それは曲がったり、地面から物体を拾ったりすることができます。
  • 彼は気を散らされることなくゲームをしたり、ゲームを長くしたいと言うことができます。
  • 舗装のような小さな階段を登ることができます。
  • 一言で言えば、彼は署名せずに彼の願いを言うことができます。
  • 彼は助けを必要とせずに歩いたり走ったりすることができます。
  • 14ヶ月の赤ちゃんの社会的および精神的発達をサポートするために、より多くの時間を遊んで過ごすことが重要です。赤ちゃんが問題解決、イベントの接続、原因と結果の関係の理解などの基本的な精神的スキルを習得できるように、さまざまなゲームをプレイすることが非常に重要です。同時に、14か月目から、赤ちゃんに絵を描くなどの活動を促すことができます。これにより、赤ちゃんは手動のスキルを身に付けることができます。

    最近の投稿