食べる人を長く満腹に保つ10の英雄的な食べ物

ダイエット中や、いろいろな理由で食事を減らして長時間満腹になりたいときは、「長時間お腹が空いていないとどうなる?」という質問があります。それはあなたを満腹に保ちますか?」

私たちはこの質問に答えるために着手し、ミネラル、ビタミン、その他の特性のおかげで人体に長い間満腹感を与えるヒーローフードをまとめました。

少量でも食べても長時間満腹になり、空腹感も全くありません。

ナッツ

健康的なオイルを含むナッツは、人にエネルギーを与え、エネルギーを維持するだけでなく、胃が空腹になるのを防ぎます。ダイエットリストにスナックにナッツが含まれていることはそれほど驚くべきことではありません。しかしもちろん、すべてが有害であるため、乾燥ナッツの過剰摂取も体重増加に適しています。したがって、一日に一握り以上を消費しないでください、そして夜にナッツを食べることを避けてください。

林檎

完全な繊維源であるアップルは、血糖値のバランスを保ち、甘いものへの渇望を防ぎます。特に脂肪燃焼機能を備えた食事の30分前に青リンゴを食べると、その食事を軽く過ごし、1日中空腹にならないようにするのに役立ちます。

レンズ豆やひよこ豆などのマメ科植物

食物繊維といえば、マメ科植物を飛ばすことはできません。たとえば、繊維だけでなくたんぱく質の原料でもあるレンズ豆を使ったサラダは、長時間満腹になり、空腹感を忘れさせてくれます。

日付

血糖値のバランスをとる能力を持つデートは、実際には最も無実のデザートです。天然の糖分を含む日付の1つだけで、甘い欲求を防ぎ、長い間飽き飽きすることができます。

押し麦

繰り返しになりますが、それは繊維とタンパク質が豊富な食品の番です:オートミール。オーツ麦の炭水化物は体によってずっと後に燃焼されるので、それはあなたを満腹に保ち、あなたの血糖値を調節します。たとえば、朝食にミルクと混ぜたり、ランチにサラダに加えたり、スナックにヨーグルトと一緒に食べたりすることができます。

たんぱく質源の卵で一日を始めると、後で空腹になっていることに気付くでしょう。卵を茹でると、一日中元気になり、この効果をより実感できます。

ミルク、バターミルクなどの乳製品

特に含まれているタンパク質のおかげで、バターミルクはあなたが長い間満腹感を感じることを可能にします。お腹の周りの脂肪を燃焼させると言われているバターミルクを自宅で作ると、はるかに効果的であることがわかります。

ピクルス

有益なバクテリアのおかげで満腹感を生み出すもう1つの食品はピクルスです。発酵食品であるピクルスは、他の発酵食品と同様に消化器系に非常に役立ちます。きゅうりのピクルスには満腹感を保つ機能があり、ピクルスを過剰に摂取すると体重が増える可能性があることを警告せずに終了しないでください。

野菜スープ

スープのボウルはあなたを長い間満腹に保ち、野菜が沸騰するにつれてすべての繊維をスープに移すので、日中の食事を減らすのに役立ちます。野菜スープは、低カロリーでヘルシーで、お腹のスペースをとる栄養価の高い食品をお探しの方にぴったりです。

アボカド

最後に、近年人気の果物であるアボカドについてお話しましょう。食物繊維と不飽和脂肪を多く含むアボカドは、腸の秩序を整え、長時間満腹感を保ちます。たとえば、朝食時にアボカドを半分しか食べなくても、食欲がなくなり、長い間空腹ではないことに気付くでしょう。

最近の投稿