妊娠中の便秘には何が良いですか?

妊娠中の便秘は、妊婦の約50%に見られる一般的な苦情の1つです。妊娠中に便秘を引き起こす要因:

  • 妊娠中に増加するプロゲステロンホルモンは、腸の平滑筋を弛緩させ、したがって排便を減少させます。
  • 子宮の肥大に伴い、次の数ヶ月で腸に圧力がかかり、
  • 妊娠中に鉄分サプリメントに使用される血液錠剤、
  • 妊娠中の体重増加による運動制限
  • 食物繊維が不足している食事、
  • 水をたくさん飲まない、
  • ストレス、
  • 不規則な食事
  • 妊娠中に便秘を引き起こす最も重要な要因は、プロゲステロンホルモンの増加です。このホルモンのタスクの1つは、平滑筋をリラックスさせることです。平滑筋を含む器官は、子宮、血管、腸です。プロゲステロンホルモンの増加に伴い、腸内の液体や固形食品の消化を可能にする収縮の頻度と強度が低下します。排便が遅くなると、中の液体や食べ物の吸収率が上がります。その結果、便は乾燥し、非常に固く硬くなります。これにより、便を排出することが困難になります。この期間中、妊婦の中には5日間トイレに行けない人もいます。

    便秘の問題は妊娠初期に始まる可能性があります。しかし、便秘は一般的に20週後に見られる問題です。この期間中に、プロゲステロンホルモンは最高レベルに達し、同時に子宮腸を圧迫するのに十分に成長しました。

    妊娠中の便秘を取り除くことは可能ですか?

    便秘は、妊娠中の妊婦にとって最も影響を与える問題の1つです。便秘は、後の段階で痔核や痔瘻などの問題を引き起こす可能性があります。産婦人科医および産科医Op。博士Aytun Aktanは、簡単なテクニックで妊娠中に発生する便秘の問題を取り除くことが可能であると言います。

    予防策を講じても消えない便秘の問題は、薬で治療することができます。ただし、そのような場合は、妊娠中の母親が医師に相談し、妊娠中の使用に適したサプリメントを服用することが適切です。

    妊娠中の便秘に対してどのように予防策を講じるべきですか?

    妊娠中の女性が疑問に思う問題の1つは、妊娠中の便秘に何が良いかということです。質問です。接吻。博士Aytun Aktanによって提案された簡単な技術を使用して、妊娠中の便秘に対して講じることができる対策:

  • 1日を通して6〜8杯の水を飲むことは、母親と赤ちゃんだけでなく、便秘にも有益です。
  • 食物繊維が豊富でパルプが豊富な食品は食事時に摂取する必要があります。
  • ハーブティーを飲むことは便秘に対して取られることができる予防策の1つです。ただし、どのハーブティーを摂取できるかについては医師にご相談ください。一部のハーブティーは妊婦にはお勧めできません。
  • ドライフルーツや自然食品は便秘に良いです。
  • 便秘に対しては、食べ物をよく噛むことと、日中の食事を抜かないことなどがあります。
  • 流産のリスクなど、妊娠中の動きを制限する必要がない場合は、毎日短い散歩をすることで排便が強化され、便秘を防ぐことができます。
  • 医師と相談して摂取するプロバイオティクスサプリメントも、排便の調節に役立ちます。
  • 妊娠中の便秘に良い食品

    博士Aytun Aktanが推奨する、妊娠中の便秘に適した食品:

  • 果物;イチジク、アプリコット、リンゴ、プラム、ブドウ。 (これらの果物を摂取する際には、妊娠中の砂糖などの妊婦の問題を考慮することが有益です。)
  • 野菜;リーキ、ケール、ほうれん草、にんじん、アスパラガス、ブロッコリー、ジャガイモ、芽キャベツ。
  • ハーブ製品;セナ。
  • その他の食品;オリーブオイル、クルミ、ヨーグルト、ケフィア、フルーツジュース、オーツ麦、大麦、トウモロコシ、全粒穀物、豆類、豆。
  • 最近の投稿