ジャムがカビや砂糖になるのを防ぐために何をしますか?-Yemek.com

果物の最高の時期が来ると、瓶はごちそうを始めます。ジャムを作ることは、夏に摂取しすぎて角で腐りかけている果物を評価するための最もおいしい方法でもあります。マルメロ、リンゴ、オレンジの中で最も香りのよい形で、一年中味わうことができません。さくらんぼの美味しさ、いちごの香り、アプリコットやオレンジの美味しさを、一生懸命楽しんでいただきます。

しかし、私たちが熱心に準備しているこれらのジャムは、時間の経過とともに砂糖漬けになるため、風味が劣化します。それらはカビが生え、食べられなくなります。私たちが長持ちさせるジャムは、突然劣化してカビが生え、労力が無駄になり、果物も無駄になります。これらの紙詰まりの原因とその防止方法を調べてみましょう。いつも楽しくジャムを食べましょう。始めています。

なぜジャムはカビが生え、砂糖漬けになるのですか?

温度が正しく保存されていない、濡れたスプーンをそれに浸している、適切な状態に保てていない...これらはすべてお菓子やカビの原因です。ジャムは非常に敏感なので、適切な温度で保管する必要があります。非常に暑い場所または非常に寒い場所に保管されたジャムは、酸っぱく、カビが生え、砂糖漬けになり、食べられなくなります。

製造中に適切な量の砂糖を使用しないと、その過程で砂糖が砂糖になる可能性もあります。砂糖が多すぎたり、使用量が少なかったりすると、ジャムに砂糖の層ができ、時間の経過とともに温度の影響を受けます。繰り返しますが、ジャムを保管するために使用される容器の温度と不適切さにより、ジャムはカビが生えます。

ジャムがカビや砂糖漬けになるのを防ぐために何をすべきですか?

ジャムの成形を防ぎ、長持ちさせるためには、ジャムが発生している間、いくつかの点に注意する必要があります。たとえば、ジャムを作りながら砂糖と果物の比率のバランスを取ります。これらの比率を正確に設定すればするほど、ジャムが長持ちし、カビが生えなくなります。さらに、レモン塩またはバターを少量加えると、ジャムが長持ちします。

もう一つの秘訣は、水を入れすぎずにジャムを調理することです。室温で一貫性を持たずにジャムを瓶に入れないでください。瓶が乾燥していてきれいであることを確認してください。ジャムジャーを気密に閉じ、逆さまにしてしばらく休ませます。可能であれば、ジャムは涼しく乾燥した環境または中温の冷蔵庫に保管するように注意してください。直射日光の当たらない、乾燥した涼しい環境で、室温で保管することをお勧めします。ジャムを使用するときは、濡れたスプーンに浸したり、他の物質を落としたりしないように注意してください。これにより、ジャムの構造が劣化します。

長く楽しめるジャムをお楽しみください。楽しんでください。

最近の投稿