ピーナッツの利点:毎日ピーナッツを食べる9つの理由

ピーナッツはエネルギーとカロリーが豊富であることが知られていますが、「カロリーは多いが脂肪ではない」と言われています。それが体に提供するカロリーは、体重増加ではなくエネルギーとして人体に戻ります。この点で珍しい食べ物の一つです。

夏も冬も言わずに見つけて食べられるピスタチオ。チョコレート、ケーキ、クリームもあります。また、スポーツをする人は絶対に食べなければなりません。

ピスタチオB6、B9、Eビタミンに加えて;ナイアシン、リボフラビン、チアミン、パントテン酸と呼ばれる酸など、健康に非常に有益な物質が含まれています。カリウム、マンガン、銅、カルシウム、マグネシウム、鉄、セレン、亜鉛は、ピーナッツに含まれるミネラルの一部です。

ここで、「体重が増える」という恐れを脇に置き、日中にピーナッツを食べる理由をいくつか挙げます。

特に女性の場合:結腸がんになるリスクを減らします

もちろん、食べ物自体は癌と闘い、予防し、そして治癒するのに役立ちません。しかし、予防策として摂取すると、長期的には人体にプラスの効果があります。 1週間に消費するピーナッツバターをスプーン2杯だけで、結腸がんにプラスの影響を与えることで、結腸がんのリスクを減らすことができます。

私たちの時代の問題:胃の病気を予防する

ピーナッツとそれに含まれる油には、ポリフェノールと呼ばれる高レベルの酸基が含まれています。これらの酸は、体に有害なニトロアミノ酸の増殖を抑えることで胃の病気を防ぎます。ピーナッツもこの点で天然資源です。

私たちの最も価値のある臓器のため:それは心臓の収縮を減らします

前述のように、ピーナッツに含まれるこれらのポリフェノール酸は心臓の健康に良い影響を及ぼします。ピスタチオにはこれらの酸に加えて不飽和脂肪が含まれています。低率ではありますが、心臓病を予防し、心臓発作のリスクを軽減します。

特に50歳以上:アルツハイマー病から救う

ピーナッツに含まれるビタミンと有益なオイルは、もちろん脳の機能を保護します。特に、中年の人々の忘却を防ぎ、長期的にアルツハイマー病にかかるのを防ぎます。

すべての年齢の両方:胆嚢の痛みを和らげます

胆嚢による痛みを防ぐには、ピーナッツバターのデザートスプーンを2〜3杯消費するだけで十分です。ピーナッツバターが消費されると、その構造のためにこの領域での結石の形成を防ぎ、胆嚢の一般的な健康にも影響を与えます。

インスタント効果:悪玉コレステロールを取り除く

一般に信じられていることとは反対に、ピーナッツはコレステロールにも有益です。含まれているオイルは体に非常に有益で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

抗うつ剤自体:うつ病を予防します

ピーナッツにはトリプタフォンと呼ばれる物質が含まれています。一方、トリプタフォンは、低セロトニンレベルを高め、うつ病の原因となる影響を排除するのに役立ちます。

妊娠中の母親の注意:流産のリスクを減らします

妊娠中の母親が消費するピーナッツは、受精を助け、妊娠前後の女性の病気を防ぎ、妊娠中の女性の流産のリスクを減らします。

薬に必要なもの:血糖値を調節します

ピーナッツに含まれるビタミン、脂肪、炭水化物は、血糖値のバランスを取り、低血糖に関連する病気を予防するのに役立ちます。

最近の投稿