ユーフォルビア雑草:利点、用途、および皮膚への害

自然を一歩一歩発見し、その情報を知る私たちの部署では、今日の次の名前はスパージです!

その名で注目を集めているこの植物は、実は誰もが知って認識しなければならない植物のひとつです。それ自体には多くの利点がありますが、樹液のために深刻な副作用もある可能性があり、知識と注意の両方が必要です。

だからこそ、スパージとは何か、その利点と害、その副作用は何かを説明したかったのです。そして、スパージの使い方について話さずにはいられません。

何らかの理由で聞いたことがあり、使用する予定がある場合は、必ず事前にこの情報を聞いて、教えてください。

彼らはまたトウワタ草を言います:トウワタ植物は何ですか?

名前が面白いトウダイグサは、正しく使用しないと危険な場合があり、同じ名前の植物ファミリーであるユーフォルビアファミリーに属しています。古くから皮膚病の治療に特に使用されることが知られているトウダイグサは、人々の間では乳白色の草としても知られています。どちらの名前も、実際にはその中を流れる白い色と、有毒な可能性のあるミルクと呼ばれるジュースに由来しています。

私たちの国では60種類近くのトウダイグサが栽培されていることが知られていますが、この植物はほとんど特別に栽培されておらず、多くの気候条件に適応できるため、山岳地帯で自発的に成長します。緑の体とさまざまな葉の種類で他の植物からすぐに分離できるトウダイグサ植物は、黄色い花で簡単に認識できます。

あなたはどのような利点を思いますか:ユーフォルビアハーブの利点?

  • 肌に再生効果をもたらします。
  • 皮膚をきれいにし、細菌や異物から肌を浄化します。
  • 傷の治癒に役立ちます。
  • 自然な下剤効果を生み出すだけでなく、便秘にも良いと言われています。
  • また、便秘による腹痛を抑えるのにも役立ちます。
  • 古くから解決が難しいことが知られている疣贅の問題を解決し、治癒過程をスピードアップします。
  • 虫刺されやサソリ刺されなどの場合、彼らは助けに来ることができます。
  • これは、足や手など、体のさまざまな部分でどのように発生するかという問題の解決策です。
  • 繰り返しますが、それは皮膚の真菌性疾患の治療に重要な効果を示しています。
  • 痔の問題に良いと言われています。
  • 最後に、それは非常に興味深い使用方法ですが、釣りにおける彼らの助けも知られていることが知られています。
  • これを知らずにではありません:トウワタの使い方は?

    トウワタ茶のミルクを作ったり、別の方法で評価したりして経口摂取することはお勧めできません。まずこれを言いましょう。それ自身のジュース(ミルク)は有毒であることが知られており、内臓に損傷を与える可能性があるためです。

    さて、トウワタの使い方を聞けば、いぼ部分にミルクを塗ることで、いぼに直接使うことができます。ただし、肌の赤みやかゆみなどの問題が発生する可能性があるため、敏感肌の方は特にご注意ください。

    したがって、最も一般的で信頼できる用途は、この植物から調製されたトウワタ油を使用することであると考えられています。ハーバリストや天然物を販売する信頼できるオンラインショッピングサイトから入手できるスパージオイルを安心して肌に使用できます。

    最後に、その利点で述べたように、ユーフォルビアから得られたジュースが釣りに使用されることも知られています。漁獲される地域の水にトウダイグサジュースを注ぐことで、魚をより簡単に捕まえることができると言われています。

    ユーフォルビア中毒とは:トウワタの害

    有毒な樹液として知られているトウダイグサは、多くの問題で私たちの体に利益をもたらしますが、専門の医師に相談せずに使用しないでください。私たちがいつも言っているように、慢性的で深刻な病気、アレルギー性で敏感な体、妊娠中や授乳中の女性、子供や高齢者は近づかないでください。

    経口摂取には推奨されないトウダイグサハーブも皮膚に注意深く使用する必要があり、可能であれば、ハーブ療法士が使用するために準備されたオイルを評価する必要があります。そうしないと、皮膚に赤み、灼熱感、かゆみを引き起こす可能性があります。

    これが最も安全な方法ですが、最初に皮膚の小さな領域で試して、24時間観察し、副作用がないことを確認してから使用する必要があります。トウワタの果汁や乳と呼ばれる部分に皮膚が直接接触し、赤み、灼熱感、刺激、かゆみなどの問題が発生した場合は、すぐにきれいな水で皮膚を完全にきれいにし、不快感が続く場合は、すぐにあなたの医者に行くべきです。

    最近の投稿