15ヶ月齢の赤ちゃんの発達:睡眠、栄養、予防接種スケジュール

生後15か月の赤ちゃんの発達は、社会的および身体的特徴の発達にとって重要です。この期間中、赤ちゃんは歩きやすく走り始めます。新しい単語を学び、意味のある文章を作ることができます。

15か月になると、赤ちゃんは幼児や子供たちとのコミュニケーションを楽しみ、社会的スキルを伸ばし続けます。

睡眠

赤ちゃんが生後15か月になると、社会的および身体的活動が増えるにつれて、より多くの睡眠が必要になります。この期間中の赤ちゃんの睡眠時間は、合計で13〜14時間にする必要があります。平均して10〜11時間の夜の睡眠で、2〜3時間の日中の睡眠は赤ちゃんにとって理想的です。

この期間中、赤ちゃんは特に夜に眠りにつくのが難しいかもしれません。一人で眠りたくないので、眠りに抵抗する赤ちゃんもいます。この期間中に睡眠トレーニングを行うことで、赤ちゃんが一人で眠りやすくなります。赤ちゃんは健康な発育をサポートするために十分な睡眠が必要です。日中に学んだ情報を永続的な記憶に残すためには、質の高い睡眠が不可欠です。

栄養

生後15か月の赤ちゃんは、ほぼすべての種類の果物、野菜、豆類を食べることができます。しかし、赤ちゃんの消化器系が十分に発達していないため、牛乳やある種のチーズに対するアレルギーが発生する可能性があります。牛乳アレルギーは、吐き気、嘔吐、過剰なガスなどの症状を赤ちゃんに引き起こす可能性があります。このため、牛乳には注意が必要です。イチゴ、バナナなどの果物やチョコレートなどの製品に対するアレルギー反応は、赤ちゃんによく見られます。

赤ちゃんに初めて与えるすべての食べ物を少量ずつ与えることが重要です。したがって、赤ちゃんに新しい食べ物を与えた後、アレルギー反応が発生したかどうかを確認するために数日待つ必要があります。 15ヶ月の赤ちゃんの平均体重は8〜12kgです。赤ちゃんが痩せすぎたり太りすぎの場合は、栄養に関する予防措置を講じる必要があることを覚えておく必要があります。

身体の発達

赤ちゃんの身体の発達をサポートするために、栄養や睡眠などの基本的なニーズが適切に満たされていることを確認する必要があるため、赤ちゃんの動きを促すことも重要です。身体活動は、赤ちゃんの発育過程に直接影響します。細かい運動能力と粗大な運動能力が適切に発達するように、赤ちゃんに適切な条件を提供し、赤ちゃんと一緒に時間を過ごすことが重要です。

15か月の赤ちゃんの発育過程で、赤ちゃんはスプーンやグラスなどの物体を簡単に保持して制御できる必要があります。赤ちゃんが思い通りに体を動かせない、または指が使えないと思う場合は、医師の診察を受けることが重要です。

社会開発

12〜24か月の期間は、社会活動が急速に増加する期間です。赤ちゃんが生後15か月になると、単語を正しく使用して、新しい単語をすばやく学ぶことができます。彼は笑ったり泣いたりするのではなく、自分が欲しいものと望まないものを言葉で表現することができます。

赤ちゃんがあなたを完全に理解していないと思っていても、赤ちゃんと十分な時間を過ごして赤ちゃんの社会的発達をサポートし、頻繁に話すことが重要です。童謡を読んだり、漫画を見たり、童謡を歌ったりすることで、赤ちゃんの社会的発達をサポートすることができます。

私の赤ちゃんは15ヶ月で何ができますか?

  • 彼は赤ちゃんの歩行スキルを向上させるので、15か月で後ろ向きに歩くことができます。
  • それはあなたのルールに適応し始めます。彼は物に触れてはいけないことを理解できます。
  • 彼が幸せであるか楽しんでいるとき、彼はこれを簡単に示すことができます。
  • 彼はスプーンをより快適に使い始め、自分の皿から食べることができます。
  • 彼はグラスから簡単に水を飲むことができます。
  • インテリジェンス開発をサポートし、ゲームのルールを理解するおもちゃで遊ぶことができます。
  • 赤ちゃんの一般的な健康診断を頻繁に行うことで、幼児期に発生する健康問題に対する予防策を講じることが容易になります。

    最近の投稿